明治学園中学高等学校 SGH校としての取り組み

スーパーグローバルハイスクール(SGH)活動報告

課題研究 2018/05/11

【グローバル・デンティストリー】APC in Fukuoka

APC(Asia-Pacific Conference) in Fukuokaが5月11日に九州歯科大学で行われました。そのポスター発表に本校生徒が参加し、1年間の成果を発表しました。

参加した生徒は前年度、グローバル・デンティストリー班に所属した高校3年生6人です。このカンファレンスの公用語が英語のためポスターは全て英語で作成しました。また、各自が英語で説明できるように練習を重ねて臨みました。

主に九州歯科大学の大学院生が作成した30以上のポスターが並ぶ中、本校生徒もしっかりと質問に答えていました。

Friday, 11th May, APC in Fukuoka was held in Kyushu Dental University. Six students from the Global Dentistry research project group participated in the poster presentation session of the conference and presented what they had learned.

They made a poster written in English because the official language there was English. Before attending, they practiced again and again so that each of them was able to explain what they needed to in English.

More than 30 posters were presented and most of them were by the undergraduates of Kyushu Dental University. Even in such surroundings, our students were able to answer the questions they were asked well.

明治学園中学高等学校 SGH活動報告 【グローバル・デンティストリー】APC in Fukuoka

▲ヘルシンキ大学の教授に英語でポスターの説明をする生徒

明治学園中学高等学校 SGH活動報告 【グローバル・デンティストリー】APC in Fukuoka

▲集合写真

明治学園 中学高等学校 SGHとしての取り組み 明治学園 のグローバル人材育成